スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kim A Joong「Run the World」

管理人である“ほ~がん”のロックに対しての想いなどを綴る“H’ROOM”




昨年の2013年9月15日、東京国際フォーラムCホールで開催された「キム・アジュン LIVE SHOW IN JAPAN 2013」。
そのときに初公開されたのが、キム・アジュンさん本人が作詞を手掛けたというオリジナル曲「Run the World」です。

キム・アジュンRun the World2


当初、12月くらいに配信予定とされていましたが、3月になった今でも配信の発表がされていません。
このへんは、発売元のポニーキャニオンさんにお任せするとして(私は、「果報は寝て待て」というタイプです)
「ほ~がんの部屋」では、この楽曲について、いち早く発売前に紹介しちゃいます。


パワフルな歌いだしから始まるこの曲は、私にとっては、アメリカンロック。
しかも、少々80年代のロックを感じさせる。
まさに「ラングル」が今でも活動を続けていたなら、絶対にカバーした(させた)という“グルーピー”な曲です。
(わかりやすく言うと、“ごきげんなロック”ですね)

もちろん、実際のLIVEでは、キム・アジュンさんらしくダンサブルでPOPな素晴らしい仕上がりになっていました。
あるインタビューで、「少し愛らしい要素を」とありましたから衣装も含めて意識していたみたいです。

それにしても、ロックからPOP,そしてバラード・・・しかも、それをキム・アジュン風に仕上げてしまう・・・
これが彼女のすごさ・・・女優にとどまらない本当に素晴らしいアーティストだと思います。

歌詞の内容は今の段階ではわからないのですが、ストレートに音が入ってくるので、かなり「一緒に走ろうぜ」風の曲なのではないかな~なんて勝手に期待してます。
これもあるインタビューで、「ファンの皆さんへの気持ちを歌詞にすることで、私の気持ちを伝えられると思いました」とありましたので、歌詞の内容も楽しみです。

そう考えると、ラングルのバンド名の由来でもある「ランニング・グループ」に、偶然にも重なっているので、これまた勝手ながら、時空を超えた不思議な縁を感じざるおえません。

聞くところによると、作曲者はアメリカ人らしいので、LIVEで聞いたときの私の感覚はまんざらでもないと、ちょっと“ドヤ顔”だったりして・・・(笑)


この「Run the World」が聴くことができるDVDが3月19日に発売になります。
現段階ではこれが唯一の音源。しかも、歌詞・対訳付きというですから、本当に楽しみです。

(詳しくは http://www.kimajoong.jp/

キム・アジュンRun the World1


DVDの発売に伴って配信が決まったら・・・・

果報は寝て待ちますが、水面下では・・・

いろいろなプロジェクト案が頭に浮かんでいます。

いい音楽を多くの人に聞いてもらいたい。

ROCK IS REAL LIFE!!
スポンサーサイト

テーマ : 韓国人歌手・ミュージシャン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラングル

Author:ラングル
Vo.Miyasu  G.KANA
 B.Hogun   Dr.Boy

We’re“HEBEREKE”Rock‘n’Roll Band.
Come On! 
Everybody,Running“GLE”.........

独特の“うねり”のあるサウンドと
魅せる笑わせるパフォーマンスで
いまや伝説となった“へべれけ”
ロックンロールバンド。
1985年に解散後、
2005年サイトで復活。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。